タグ別アーカイブ: 益田ミリ

益田ミリさんの「言えないコトバ」

益田ミリさんの「言えないコトバ」という本を読みました。ちょっと軽めで笑えそうな本をと表紙のイメージだけで手に取ってみました。内容はミリさんが普段耳にしてはいるけど、自分では言えない、使えないって言葉について書かれているコミックエッセイです。

例えば「おもてなし」は自分にはおこがましくて使えないとか、「パンツ」って言ったら、相手に下着のことではないとちゃんと伝わっているか心配など、なんとなくわかるなぁという、言葉に関する「あるある」系の話題が書かれています。
その中で「言えない」どころか、私は「知らない」言葉があって、うひゃっ!て思ったので、ちょっと書きとめておこうと思います。「チェイサー」:水のこと。

バーなどで使う強い酒の後のお口直しって感じでしょうか?酒飲めないしバーに行ったこと無いんで、全然知りませんでした。「ペントハウス」:高層建築の最上階にあるベランダ付きの高級住宅のこと。80年代ポップスで耳にしたことがあるような、ないような。そう言われれば、バブルなイメージあるかもです。クスッと笑えればいいやと思っていたら、私にとっては意外な雑学本になりました。こうゆう意外な出会いがあるので、雰囲気で本を選ぶのもいいもんだなって思います。