自分を責めることは、傲慢で思い上がりです。

今まで私は、何かについて上手くいかない事、トラブルがあったりすると、何でもかんでも自分のせいにして、自分を責める癖を持っていました。自分を責める癖がついたので、恐らく学生の頃いじめにあい、友達もほとんどできなかったことがきっかけだったと思います。例えば仕事上だと、何らかのトラブルがあった場合、「私のせいで他の人が作業に集中できない。

だからトラブルが起きたんだ」っていう感じで、誰かに注意されると「自分が非常識だから注意されたんだ。もっとしっかりしろ」っていう感じです。自分を責めることをいい加減にやめたいので、どうしたら自分を責めることを止める事が出来るかを、インターネットで“自分を責める”を検索して調べてみた所、あるページにたどり着き、自分を責めることは傲慢で思い上がりですと記載されていました。

その文章を読み私は、この記事を書いた人に叱られたような感じになり、誰かに注目されたかったんだ、私の事を同情して欲しかったんだ、という事に気づきました。自分を責める事によって、他人に同情してもらえる、優しくしてもらえるっていう具合に考えたのですが、それは自分のエゴであって、傲慢でとんでもない思い上がりだったのです。という訳で、「このまま自分の人生を自分を責めることに費やしていいのか」、と考え自分を褒めて自分に優しくし、そうする事で自分の思い上がりをたしなめようと心掛けています。